スポンサードリンク

スポンサーサイト

  • 2007.11.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


熱帯魚が病気になるわけ

熱帯魚の病気の一つに「白点病」があります。この病気は熱帯魚の病気の中で最もポピュラーな病気ですね。
「白点病」とは、その名前の通り“白い点”状の白点虫が付き、病気の把握や判断が付きやすいのも特徴の1つですね。

この病気の原因は、熱帯魚が何らかのストレスを受けた場合や、すでに「白点病」に寄生されている魚を水槽に持ち込んだ場合や、他にも水温の急激な変化も発病の原因のようです。
この病気に見られる白い点はイクチオフチリウス・ムルチフィリスという白点虫が表皮の内側に寄生した状態にあり、寄生した箇所で回転運動を魚の身体に繰り返し強い刺激を与える為に、身体を擦り付けるような行動が見られるそうです。

治療方法は、市販されている魚病薬「グリーンF」、「メチレンブルー」などが有効的と言われており、その効果は、体にみられる白点虫に対してではなく、水中に漂う白点虫の仔虫を駆除すると言われ、これは、一見関係ないように思いますが治療に対して大変重要だと考えられています。
投薬をする際には、白点虫は高温に弱い為、水温を28度〜30度までに上げて使用するともっと効果的だと言われています。

これを薬に書かれている使用方法に従って3日〜1週間の間隔で、症状がなくなるまで2.3回投薬を行って下さいね。
それと投薬をする際には、投薬するごとに1/3程度換水を行う事も忘れないで下さい。

「白点病」は、最も多い病気にも関わらずこの病気をなかなか知らない人も多いと思われますが、これを期に治してあげるといいですね。


水カビ病・熱帯魚病気カタログ

熱帯魚の病気、「水カビ病」は熱帯魚の体表についた網ずれやすり記事についたサブロレグニアやアクリアなどの線状のカビなどが、寄生する病気です。
熱帯魚の身体を見ると、患部に白い線を覆ったようになり、魚が痒がり水槽内で身体を擦り付け余計に身体を傷つけ病状をさらに悪化する事があり、他にもエラにつくと死亡する事もあるので病気になると早く対処しなきゃいけない病気ですね。
この病気は、水槽を新しくセットした場合になる事が多いですが、本来死肉に寄生する病気なのでろ過が効いている水槽であれば、自然に消滅すると考えられています。

「水カビ病」にかかった場合の1番良い治療法は、アマゾングリーン、メチレンブルーのような色素系殺菌剤と、粗塩を混ぜ薬浴させる方法がありますが、軽症なら租塩を加えるだけで効果があります。
しかし、カラムナリス症やエロモナス症などの病気と合併した場合などは、治療が難しく使用する薬も異なってきます。
病状や他の病気との合併症などを観察し判断して、治療を考えて下さいね。

また、熱帯魚ショップなどで、「水カビ病」の魚を購入してしまい水槽に移す場合などは、熱帯魚をビニール袋に入れたまま、水槽に2・30分浮かせて水温差が無くなったら、ビニール袋の水の3分の1を捨てて水槽の水を足し、また水質差に慣れさせます。
それからゆっくりと投入してください。
しかし、水槽に移して時間が経っても泳がないようであれば、飼育環境に問題があると思われます。
水温、水質をチェックしたり、蛍光灯の明かりを消す、粗塩を10リットルあたりティースプーン一杯入れたりするなどをすると良くなる場合もありますよ。


熱帯魚の病気と治療法・熱帯魚カタログ

熱帯魚を海外から輸出される時、長時間の輸送や水質の変化などが絶対あり、それに加え餌も与えられず入荷される場合が、多いと言われています。
その為熱帯魚は身体が弱っており、最初の一週間は最も病気に懸かりやすいと言われています。ペットショップでは、熱帯魚の健康管理をしっかりとチェックする必要があり、すでに病気にかかっている熱帯魚もいるので気づかずそのまま水槽に入れてしまうと、水槽全体が病気に犯されてしまい、気づくのが遅れてしまうと死んでしまうなんて事もあるので注意して下さいね。

熱帯魚の主にかかる病気に、エラ病や松かさ病・水カビ病・白点病があり、症状などはエラ病はエラがピンクや赤黒になり、エラがめくれあがって死んでしまう。松かさ病は、身体の表面が膨らみウロコガ逆立ってしまう。
水カビ病は熱帯魚の体表についた網づれや擦り傷に線状のカビが出来たりします。そして白点病は1番かかりやすい病気で、身体に白い点のように見える虫が付いてしまう病気です。

治療法で最もポピュラーなのは、薬を使う方法で、飼育水に薬品を溶かし1、2週間程度「薬浴」させる方法と、直接薬品を餌に混ぜて与え、「経口投与」、短期間に強い薬液による薬浴を繰り返す方法などがあり、短期間で強い薬液による薬浴は、一般的には使われていない方法なので、使用する場合は熱帯魚ショップなどに聞いてみるとよいですよ。


水槽の温度差や熱帯魚の病気などに気を使いながらも楽しい熱帯魚生活を送って下さいね。


グッピーがかかりやすい病気

グッピーは、一般的にも家庭でよく飼われていて繁殖も多く雄はとても綺麗な色をしている熱帯魚ですが、病気などにも気をつけなければいけません。
グッピーの病気には、白点病や尾ぐされ病、口ぐされ病、エラ病などが、どのような病状でしょうか。

白点病は身体中に白いポツポツがどんどん増えていき弱ってきますが、早期に発見し薬を水槽に入れれば治す事が可能です。
もちろん病気の魚だけ別の水槽へうつし、白点病用の薬を決まった量だけ入れて下さい。
薬を入れる場合は、水温が高くし塩を少し入れると益々効果があり、くれぐれも水温が急に変化する環境で行うのは辞めてくださいね。


尾ぐされ病は体の傷口にカビ、細菌などがついてしまい、ひれが溶けるように腐ってしまい、また口ぐされ病は口のように綿毛のような物がつき、餌を食べないなどの症状が見られます。
そして尾ぐされ病、口ぐされ病はは他の魚に病気が移り易く全滅してしまう恐れがあるので病気が発覚したらすぐに、他の水槽に移して下さいね。
すぐさま水槽に移した後の魚は、移ってしまっている魚が居る恐れがあるので、念のため残った魚も専用の薬などで治療して下さいね。


エラ病はえらが捲くれあがり、呼吸が出来なくなり苦しがる病気で、原因は細菌や生きたエサなどについている寄生虫が、エラニつき起こる病気と考えられていて、まずはメチレンブルーを入れ様子を見てみましょう。
効き目が無い場合は尾ぐされ病の治療薬をいれてみてくださいね。


松かさ病・熱帯魚カタログ

熱帯魚の病気の中の1つの松かさ病。この病気はウロコなどが全て逆立ってしまい松ぼっくりのようになってしまうと言われている、恐ろしい病気です。他にも眼球突出などの症状が現れることがあったり、ウロコが剥がれ泳げなくなって死亡してしまったりする事もあります。

この病気の原因は飼育水が汚れていたり、ろ過器の機能などが悪かったりする時に発生しやすく、そのときにエロモナス菌という細菌の感染が原因とかんがえられています。しかしこの細菌は、空気中に普遍的に存在している常在菌で、水槽の中にも多く存在している為、健康な魚であれば感染などせず、あまり怖いという事はないので、水槽を綺麗に掃除し、ろ過機能なども良ければ大丈夫だと言われています。


初期症状などは水槽の水を入れ替えたり粗塩を入れたりすると治ったりします。しかし症状が進んでしまう場合は、リーンFゴールドやパラザンDなどの薬を使い薬浴治療を行った方が良いでしょう。


熱帯魚目の病気

外見的に明かな異常を表す熱帯魚の病気に「松かさ病」や「ポップアイ症」・「腹水病」などがあります。

これらの病気は感染の仕方により色々な病状を表し「松かさ病(立鱗病)」は熱帯魚の鱗が開き「マツボックリ」のように逆立って見える為に、このような名前が付けられており、「ポップアイ症」もその名前の通り、熱帯魚の目が異常に膨らんで飛び出てくる病状をあらわしています。

こういった病気の原因には水槽の掃除をなかなか出来ない場合に発生する事が多く、特に熱帯魚の中で水の汚れに敏感な、「アピストグラマ」や「ペルヴィカクロミス」の仲間ではこの傾向が良く現れます。
初期症状によく見られるのが鰭の付け根が赤く充血する場合が多く、この病気でなくても透明な鱗を持つエンゼル等には、体質的に充血しているように見える場合や、なかには全く初期症状を現さずに進行していくようなタイプの熱帯魚も存在しますので判断は難しい病気ですね。

この病気の正体は「エロモナス菌」と言う細菌が熱帯魚に感染して発病する病気と考えられていて、病気の症状により様々な病名で呼ばれる事が多いですが、他にも全てをまとめて「エロモナス感染症」と呼ぶ場合もあるそうです。
また、病気の進行速度は遅く、徐々に調子を崩して病状が現れてくる場合が多く見受けられます。


この病気は熱帯魚の病気の中でも発生確率が高い病気の一つで水質の悪化が病気の原因になるケースが多く飼育管理を怠らないように気を付けましょう。
ではどのように治療するのでしょうか。この病気は発病も遅いのですが、同じように治療をすると時間がかかります。
治療薬には、「オキソリン酸」を主成分とする魚病薬が効果的な成果を上げていて、ほかにも細菌性の治療薬(エルバージュやグリーンFゴールド・ハイトロピカルなど)も効果があると言われています。
また水温に気を付けるなどもより良い効果が出ると言われていますよ。


熱帯魚ベタの病気

ベタと日本では大まかに呼ばれていますが、ベタには50種類以上いて、通常日本でベタと呼ばれている品種は、ベタ・スプレンデンスの改良品種の事を指しています。
このベタは、タイのメコン川流域原産の熱帯魚で、大きな川、水田、時には洪水などで一時的にできた水溜りなどにも生息しており、その綺麗な色をしている事から日本でも多く輸入されていて、プランクトンや昆虫などを食べて生活しています。

ベタの病気には、体やヒレに白い点ができる白点病や綿状の白い物が、ヒレや体に生えたような状態になる水カビ病もしくは、綿かぶり病。体にコショウをまぶしたようになるこしょう病などがあり、多くの熱帯魚が懸かる病気エロモナス病は、眼が白くなったり飛び出したりする・鱗が立つ・腹部が膨らむ・頭に赤いこぶが出来るなど複数の病状が出る場合があります。

いずれも病気になったベタをまず他の水槽に移動し、メチレンブルー薬を使用法に従って使うと良いでしょう。
また、残った魚の水槽にも移っている魚がいる場合があるので、薬を使って治療したり水槽を掃除したり、ろ過の状態なども病気の原因になるので、確認する事が必要です。

また、ベタを買う時の注意ですがベタは闘争性があるので、オス同士を同時水槽で飼育する事はできません。
その為熱帯魚ショップでも1匹ずつコップに入れて販売されていますが、ほかの熱帯魚との混泳は可能です。
病気などや買い方に注意してベタを飼育して下さいね。


熱帯魚オスカーの病気

熱帯魚の中で最もポピュラーに飼われているのは、「オスカー」や「アストロ」と呼ばれている魚で正確には、「アストロノートゥス・オケラートゥス」と呼ばれています。

黒を基調として朱色の模様が混ざっている物が最も多く販売されているものでしょう。
私も購入した事がありますが、南アメリカのアマゾン川流域を中心として生息しており、体調は40cm前後に成長する物もいます。
そしてオスカーの特徴と言えば肉食である事です。エサもメダカ・金魚など小魚のグリルなどを好みますが、通常の人口餌量などをあげるなど、バランス良く餌をあげる事が必要ですね。

そしてもちろん他の熱帯魚と一緒に飼う時は、注意が必要です。
私は当初、他の熱帯魚と仕切りをして飼っていましたが、仕切りをしても全て食べられてしまいました。
しかし、逆にオスカーより大型の熱帯魚や同じ大きさの熱帯魚などは、比較的成功しやすく、とても丈夫で、比較的人懐っこいせいかくな為、世話も他の熱帯魚に比べて簡単だといえるでしょう。

しかし、熱帯魚の病気は白点病や尾ぐされ病、水カビ病になる恐れもありますので注意して下さいね。
白点病は白点虫という虫が熱帯魚の体表やヒレにゴマのような白い点が付き、そのまま放置してしまうと死んでしまう恐れがあります。
このような病気には、ペットショップなどで販売している魚の薬を使い、薬浴をし、他の魚に移っていないか確認する事も必要です。
オスカーなど熱帯魚を購入する場合は、病気を起こさない為にも、水槽を清潔にして、ろ過の状態などの確認など熱帯魚の過ごし易い環境を作ってあげてくださいね。


熱帯魚の病気と症状

人間も風邪を引いたりするように熱帯魚も病気をする事があります。殆どの原因が水槽を綺麗にしていないやろ過が悪いなどが、原因なので綺麗に水槽をしていれば、あまり問題はありませんが、病気になってしまった時の為にいくつかの病気と、その症状を紹介しましょう。


熱帯魚の病気のなかで、その病気の大部分を占める、最もポピュラーな病気です。
この病気は白点病と言いこの病気を発病してしまうと、進行が早い上に、伝染性も強い為注意して下さいね。
白点病の原因は、水温の急変によって発生しやすいイクチオフチリウスという0.7ミリ程度しかない球形の繊毛虫が体表などに寄生し、他にも水質の急変、水質の悪化なども原因の場合もあるようです。
その症状はと言うと、繊毛虫が血液・細胞組織を食べる為、魚が痒がり体を壁などにこすり付けるようになります。
そして進行すると白い粉を塗した感じになり、そのまま放っておくと死亡してしまう恐れもあるので注意しましょう。

この病気初期であると、治療は簡単ですが重症になると治療は困難なので早いうちに治療が必要です。
1番適している治療法は、薬浴という方法を使い、一週間の感覚を開け2・3回ほど治療を行って下さい。
また薬浴する際には、28度程の高温で行うとより良い効果が現れるそうですよ。


そしてもう1つ伝染性や進行がはやい病気がカラムナリス病です。
この病気は、カラムナリスという細菌が感染した為に発生する病気で、他にも感染する部位によってはヒレ腐れ病、尾腐れ病、口腐れ病、エラ腐れ病と呼ばれています。
この病気の症状は、口腐れ病、エラ腐れ病などとあるように部位によって症状が現れる事が多く、初期の場合には、カラムナリス菌が増殖している部分に黄白色の付着物を確認する事が出来ます。これが進行すると患部に広がり最終的には、死に至ってしまいます。

そしてこの症状を見つけた場合には感染症が起こらないように塩水浴などで傷がふさがるまで殺菌飼育をします。
完璧に発病している場合は、カラムナリス菌は塩分に弱いため、別の水槽に移し薬浴や塩水浴を行って下さい。
是非熱帯魚達に住み易い環境を作ってあげてくださいね。


熱帯魚プレコの病気と怪我

熱帯魚の種類で水槽の掃除屋さんとしての印象が強いプレコ。
プレコは、見た目からは想像できないが熱帯魚の中ではデリケートな魚と言われており、他の熱帯魚と比べ病気にかかったり、怪我をしたりすることが多いように思われます。
また、一度病気や怪我をしてしまうと完璧に治す為には他の熱帯魚より時間がかかり、そのせいで命を落としてしまうということも少なくはないのです。
プレコは、怪我をする事が多いのですがどのようなものがあるのでしょうか。

プレコの怪我は大きく分けると切り傷と擦り傷に分類でき切り傷は、プレコ同士の喧嘩や水槽の流木などに引っかけてしまいその時に鰭が裂ける、と言うパターンが殆どのようです。切り傷は、傷が浅ければ二日程度で治るそうです。
もう一つの擦り傷の場合は、プレコ同士の喧嘩の際に傷を作ってしまう事が多く、他にも網ですくった際に人間によって傷をつけてしまうということが多いようです。
また、擦り傷には、その後の経過によって「何種類かがあるようで、鱗が剥がれたようになり、体表が赤く見えるもの」、「綿かぶり病のように、細菌性の綿状物質が付着するもの」などがあります。擦り傷の方は、治療もなかなか難しいと言われ、長時間を要するようです。

傷を最低限に予防する方法は、水槽からプレコをすくう時には出来れば網を使わず、一気に手掴みすし、輸送の際には、ビニールの角で擦れないように、テープで止めたりするなど工夫して下さいね。
飼育する際、流木や石などを大量に用いてレイアウトするようにさて、弱いプレコの隠れ家を沢山作ってあげましょう。
そしてプレコが怪我を負っていないか観察するのが一番の予防の一つですね。


スポンサードリンク
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM