スポンサードリンク
<< ワンデーアキュビューは | main | 飲む発毛剤として注目されているプロペシア >>

スポンサーサイト

  • 2007.11.23 Friday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


グルコサミンは

グルコサミンは、ブドウ糖から合成されるアミノ酸の一種で、軟骨に水分を閉じ込める物質(グルコサミノグリカン)の合成に必要な材料となり、これらの物質の生成を促します。もともとは体内で合成されるのですが、老化と共にグルコサミンの合成力とその働きが弱まるので、軟骨がすり減り易く、痛みを生じるようになります。グルコサミンは軟骨の主要構成物質の生成に欠かせない成分で、磨り減った軟骨の修復・再生に欠かすことができません。

コンドロイチンもグルコサミンと同じく、関節の健康を守る成分として注目を集めています。コンドロイチンは軟骨やじん帯などからだの弾力のある場所に存在するムコ多糖です。組織の伸び縮みを助け、また栄養分を透過させて組織に栄養を補給する役割を担っています。コンドロイチンは若い頃には体内で生成されるのですが、年齢を重ねるにつれて生成されにくくなり減少してしまうので、組織が弾力を失い、ひじや膝に痛みが生じる原因となります。

骨と骨が相対している部分を関節といいます。その相対する骨の先端をおおっているのが軟骨で、骨同志の摩擦を防いだり、骨にかかる衝撃を和らげています。軟骨の表面は、非常に滑らかで滑りやすくなっおり骨と骨が擦れあう摩擦を少なくします。この軟骨が、加齢や物理的な要因で、傷ついたり、もろくなって崩れてしまうと、関節がスムーズに動かなくなってきます。その後は、骨と骨が直接擦れ合うようになる結果、関節の痛みや、変形性関節症が起こるのです。

関節軟骨の主要構成要素であるコラーゲンとプロテオグリカンは、生合成により作られます。その為には適切にグルコミサンとコンドロイチンが補給される事が必要なのです。 グルコサミンは新しい軟骨の形成を促し、コンドロイチン硫酸は軟骨分解酵素の働きをコントロールする。グルコサミンとコンドロイチン硫酸は協力しあって、軟骨の働きを正常化することに役立っています。グルコサミン・コンドロイチンを補給することで、変形性関節症の痛みを軽減し、進行を阻止できることから、日頃からグルコサミンの補給が促されています。


RSS関連リンク
グルコサミンとは(2)@コンドロイチンで内側から元気
グルコサミンとは』の続きです。 グルコサミンは、この関節部分の細胞の新陳代謝に重要な役割を果たしています。 コンドロイチンの原料にもなっている物質です。 軟骨の主成分なる物質です。 グルコサミンの原料...

グルコサミンとは@コンドロイチンで内側から元気
グルコサミンはアミノ酸の一種でブドウ糖にアミノ酸が、 くっついた物質のことで、元々体内に存在します。 カニ、エビなどの殻(キチン質)に含まれていて、 人間では軟骨、爪,靱帯、心臓弁などに存在しています。 グルコサミンもコンドロイチン同じく ...

グルコサミンとは
テレビや雑誌で関節の痛みにはグルコサミン効く言っていますが、飲み続けたら本当に痛みが和らぐのでしょうか?65の母親が起き上がる時などに膝が痛い言っているので、もし少しでも効果があ...(続きを読む) 2006-06-18 22:17:00. EAS のグルコサミン ...

-----

スポンサーサイト

  • 2007.11.23 Friday
  • -
  • 16:14
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
グルコサミンはアミノ酸なのです
グルコサミンは、元々は私たち身体の中でも作り出されるアミノ酸なのです。プロテオグ...
  • グルコサミンとコンドロイチンとは
  • 2007/10/20 9:49 PM
スポンサードリンク
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM